みりん

みりん
江戸時代から受け継がれてきた伝統的な製法でつくられる酒精調味料です。米と焼酎とを熟成させてできるもので主成分はアルコール(13%〜14%)とブドウ糖です。
醗酵調味液
調理用に酒税のかかる酒類を使用するのは高価につくので、酒としては飲めないように食塩を入れて変性(不可飲処置)をしたものです。
新みりん
液状水飴のようなもので、単純な甘味調味液です。アルコールを含んでいません(1%以下)ので、酒精調味料とは全く異なるものです。