乳化剤

乳化剤

グリセリン脂肪酸エステル(モノグリ)
食品の乳化、分散、液状食品の濃化などに使用される。
豆腐、アイスクリーム、パン等が無添加品に移行する傾向から需要は減退気味。
ショ糖脂肪酸エステル(シュガーエステル)
全額ベースでは、乳化剤の中でトップ。特徴として、他の乳化剤にくらべ親水性が大きい。
又、健食や食品洗浄剤としての用途も大きい。
ソルビタン脂肪酸エステル
洋菓子、マーガリン、ショートニング、乳製品に使用されるが、単品使用より他の乳化剤と組み合わせた配合製剤として使用される事が多い。
レシチン
原料面から大豆レシチン、卵黄レシチンに大別される。
食品では圧倒的に大豆レシチンの使用が多い。特に酵素処理レシチンは耐酸・耐塩性が高く、需要は伸びている。