着色料

着色料

カラメル(褐色)
しょ糖やブドウ糖を160〜180℃の高温で約3時間加熱し焦化しアルカリで中和して作る。
カラメルI
食用炭水化物(糖類、澱粉加水分解物、糖蜜等)を熱処理するか又はアンモニウム化合物を除く酸、アルカリなどを加えて熱処理して得られたもの。
カラメルII
食用炭水化物に少量の亜硫酸化合物を加え、若しくはこれに少量のアルカリ又は酸を加え、熱処理して得られたもの。
カラメルIII
食用炭水化物に少量のアンモニウム化合物を加えて、熱処理して得られたもの。
カラメルIV
食用炭水化物に少量のアンモニウム化合物と亜硫酸化合物等を加えて熱処理して得られたもの。
食用赤色2号
一般及び混合色用(ようかん、冷菓、イチゴシロップ等)
食用赤色3号
菓子、アイスクリーム、レッドチェリー、かまぼこ等に単品又は、他の食用色素と配合して使用(酸で不溶性になる)
食用赤色40号
漬物、ジャム、佃煮、菓子、ゼリー等広く使用。
食用赤色102号
漬物、ジャム、佃煮、菓子に使用。(熱に強くない。耐塩性は高い)
食用赤色104号
混合色用(酸で不溶性になる。光に強くない)製菓子にも広く使用。
食用赤色105号
混合色用(酸で不溶性になる。光に強くない)製菓子にも広く使用。
食用赤色106号
でんぶ、菓子、みそ漬、桜えび、紅しょうが、ソーセージ等に使用(酸、熱、光に強く、明るいピンク色で食用タール色素中最も堅牢な色素)
食用黄色4号
漬物、ゼリー、キャンディー佃煮等広く使用される。万能黄色色素、又、混合色用としても用いられる。
食用黄色5号
漬物、ゼリー、キャンディー、アイスクリーム、佃煮等広く使用される。又、混合色用として用いられる。
食用青色1号
極めて強い色素で多く混合色に使用される。
ベニコウジ色素(アンカレッドシリーズ 他)
ベニコウジ色素は、子のう菌類ベニコウジカビの菌体より抽出して得られる色素です。
主色素は、モナスコルブリン類及びアンカフラビン類です。
深赤色から赤橙色まで様々な色調の製品を取り揃えており、また耐光性や耐酸性を向上させるなどの改良を施した製品もあります。
ラック・コチニール色素(スターレッドシリーズ 他)
ラック色素は、カイガラムシ科の分泌する樹脂状物質より抽出して得られる色素です。
主色素は、ラッカイン酸です。またコチニール色素はカイガラムシ科エンジムシの乾燥体より抽出して得られる色素です。主色素は、カルミン酸です。
両色素ともに酸性域で橙色、中性域でピンク色、アルカリ域で赤紫色を呈し、熱・光に対し安定しています。
ベニバナ黄色素・アナトー色素などとの製剤も取り揃えています。
トウガラシ色素(オレンジsシリーズ 他)
ナス科トウガラシの果実より抽出して得られる色素です。主色素は、カプサンチン類です。赤橙色を呈し、熱・光に対し比較的安定です。油性、水分散性、水溶性と様々な用途に対応する製品を取り揃えており、また耐酸・耐塩性を向上させたり、トウガラシ特有のにおいを脱臭するなどの改良を施した製品もあります。
β-カロテン(β-カロテンws)
β-カロテンを主成分とします。
鮮明な淡黄色から橙黄色を呈し熱に対して安定で、光に対して酸性域で比較的安定です。水に容易に溶け、透明度が高く耐塩・耐酸性に優れた製品で、飲料等に使用した際にネットリングの発生もありません。
ビートレッド(ビートピンクシリーズ 他)
アカザ科ビートの赤い根より搾汁又は抽出して得られる色素です。主色素は、ベタニン及びインベタニンです。鮮明な赤紫色を呈し、熱・光に対して耐性を向上させた製品もあります。
アントシアニン系色素(赤キャベツ色素fa 等)
種々の野菜、ベリー類、ブドウなどの果実等様々な植物から得られる赤・青・紫の色素群です。酸性域で鮮明な色調を呈し、熱・光に対して比較的安定です。
クチナシ赤色素(ガーデニアレッドny)
アカネ科クチナシの果実より抽出して得られたイリドイド配糖体のエステル加水分解物とタンパク質分解物の混合物に、β-グルコシダーゼを添加した後、分離して得られる色素です。鮮明な朱赤色を呈し、熱に対して比較的安定ですが、光に対してはやや不安定です。
クチナシ黄色素(ガーデニアイエローシリーズ 他)
アカネ科クチナシの果実より抽出して得られる色素です。主色素は、クロシン及びクロセチンです。鮮明な黄色を呈し、熱に対して比較的安定ですが、光に対してはやや不安定です。
ベニバナ黄色素(サフイエローシリーズ 他)
キク科ベニバナの花より抽出して得られる色素です。主色素は、サフラーイエロー(サフロミン)です。鮮明な黄色を呈し、熱・光に対して比較的安定です。
ウコン色素(フィンガーイエロー)
ショウガ科ウコンの根茎の乾燥品より抽出して得られる色素です。主色素はクルクミンです。酸性〜中性域では鮮明な黄色、アルカリ域では暗赤褐色を呈し、熱に対して比較的安定ですが、光に対してはやや不安定です。
ベニコウジ黄色素(ハイムーンイエローs)
子のう菌類ベニコウジカビの培養液を乾燥し、粉砕したものより抽出して得られる色素です。主色素は、キサントモナシン類です。非常に鮮明な黄色を呈し、熱に対して比較的安定ですが、光に対してはやや不安定です。
水溶性アナトー(アナトーイエロー)
ベニノキ科ベニノキの赤色被覆物より加水分解をへて得られる色素です。
色素成分は、ノルビキシンのカリウム塩です。
アナトー色素(アナトーイエローk 他)
ベニノキ科ベニノキの種子の被覆物より抽出して得られる色素です。主色素は、ノルビキシンです。黄橙色を呈し、熱・光に対して比較的安定ですが、加熱状態が続きますと赤味が減少し黄色が強くなります。
クチナシ青色素(ニューブルーシリーズ 他)
アカネ科クチナシの果実より抽出して得られたイリドイド配糖体とタンパク質分解物の混合物に、β―グルコシダーゼを添加した後、分離して得られる色素です。
青〜青紫色を呈する製品を取り揃えており、熱に対して比較的安定ですが、光に対してはやや不安定です。耐酸性の向上や色調の鮮明化を図った製品を取り揃えています。
クチナシ系緑色(クチナシ系緑色シリーズ 他)
アカネ科クチナシの果実より抽出して得られるクチナシ黄色素と、アカネ科クチナシの果実より抽出して得られたイリドイド配糖体とタンパク質分解の混合物に、β―グルコシダーゼを添加した後、分離して得られるクチナシ青色素を調合した色素製剤です。
鮮明な緑色〜黄緑色を呈する製品を取り揃えており、熱に対して比較的安定ですが、光に対してはやや不安定です。
ベニバナ系緑色(ベニバナ系緑色シリーズ 他)
キク科ベニバナの花より抽出して得られるベニバナ黄色素と、アカネ科クチナシの果実より抽出して得られたイリドイド配糖体とタンパク質分解物の混合物に、β―グルコシダーゼを添加した後、分離して得られるクチナシ青色系を調合した色素製剤です。
鮮明な青色の強い緑色〜黄緑色を呈する製品を取り揃えており、熱・光に対して比較的安定です。耐酸性の向上や色調の鮮明化を図った製品を取り揃えています。
ベニコウジ系緑色(ベニコウジ系緑色シリーズ)
子のう菌類ベニコウジカビの培養液を乾燥し粉砕したものより抽出して得られるベニコウジ黄色素と、アカネ科クチナシの果実より抽出して得られたイリドイド配糖体とタンパク質分解物の混合物に、βグルコシダーゼを添加した後、分離して得られるクチナシ青色系を調合した色素製剤です。
非常に鮮明な緑色〜黄緑色を呈する製品を取り揃えており、熱に対して比較的安定ですが、光に対してはやや不安定です。
クロロフィル(クロロフィルwsno.1)
クロロフィルを主成分とします。
鮮明な緑色を呈し、熱に対して比較的安定で、光に対しては不安定です。水に容易に溶け、透明度が高く耐塩性に優れた製品で、飲料等に使用した際にネックリングの発生もありません。
カカオ・カキ・タマリンド系茶色素(ココアブラウンシリーズ)
カカオ・カキ・タマリンド等から得られるフラボノイド系色素です。
褐色〜黒褐色を呈する製品を取り揃えており、熱・光に対して安定です。
特殊調合黒色素(ブラックカラーy)
アカネ科クチナシの果実より抽出して得られたイリドイド配糖体とタンパク質分解物の混合物に、β―グルコシダーゼを添加した後、分離して得られるクチナシ青色素と、マメ科タマリンドの種子を焙焼したものより得られるタマリンド色素と、カキノキ科カキの果実を発酵後、焙焼したものより得られるカキ色素の調合色素です。黒色を呈し、熱・光に対して安定です。
☆ 油溶性色素(ハイムーンシリーズ)
魚肉練製品等での色素の流出防止・各種油脂食品用に水溶性色素を乳化した製品群です。
☆ 二重乳化色素(ミラクルシリーズ)
二層ゼリー等での色素の流出防止のために水溶性色素を二重乳化(w/o/w)した製品群です。