乾燥食品素材

乾燥食品素材

即席食品の具、浮き身、スープ原料、健康食品、および原料等に利用されます。
真空凍結乾燥法
真空中でその食品の氷点以下の温度に保持しながら昇華乾燥する方法で、色・味・香りなど変化が少なく貯蔵性、復元性に優れています。
減圧フライ乾燥法
一般的な常圧フライ製法より比較的低温で乾燥できる為、製品の色・形・風味が損なわれにくく、減圧下におけるパッフィング効果で組織はポーラスに仕上っており熱湯復元性も良好です。
噴霧乾燥法
高温気流中に液を噴霧させ蒸発表面積を拡大して瞬時に乾燥する方法です。
流動層造粒乾燥法
下から熱風を送り込んで、粉末食品と激しく流動させその中に結着液を噴霧しながら粉体を造粒、乾燥する方法です。
ドラム乾燥法
液状又はペースト状の食品を加熱された回転ドラムの表面にフィルム状に塗布し、蒸発面積を拡大して迅速に連続的に乾燥させる方法です。
その他
熱風乾燥法、電磁波、超音波による乾燥法