新着情報

サチャインチナッツ・サチャインチオイルのご紹介

今回は、オメガ3脂肪酸の含有量がダントツな、サチャインチナッツ サチャインオチイル のご紹介です。

 

サチャインチは、アマゾン熱帯雨林原産の多年生植物で、

ナッツは、サチャインチの実をローストし、食塩でシンプルに味付けした美味しくヘルシーな食品。

オイルは、サチャインチの種子を低温圧搾(ゴールドプレス)で搾油したエクストラバージンオイルです。

 

オメガ3脂肪酸とは・・・化学式の名前で、体内細胞の原料になる脂肪酸の一つ。人間の体内では作ることのできないため、食事でないと摂れない、細胞が機能する為には不可欠な栄養素です。

特に脳神経や循環系に効果があることが様々な研究によって解明され、魚に多く含まれるEPAやDHAと同じ種類のもので不足すると、動脈硬化やコレステロールの増加等で、あちこちに不調をきたしてしまいます。

オメガ3脂肪酸を摂取することによって、動脈硬化や不整脈の防止、脳や骨の発達、ダイエット効果もあるスグレモノです。

 

 

厚生労働省は オメガ3脂肪酸1日2g以上摂ることを推奨しています

 

このサチャインチナッツなら、約9粒で1日基準値の50%を摂取できます。

アマゾンの大自然のもとオーガニックで栽培され近代的な設備により生産されます。

製品の袋詰充填管理は日本で行われます。

 

主なナッツのオメガ3脂肪酸含有量(100gあたり)

  サチャインチナッツ 23g

   クルミ          8.9g

   パインナッツ      0.1g

   ブラジルナッツ    0.02g

   ピーナッツ       0.01g

   アーモンド       0.03g

 

 

サチャインチオイルオメガ3脂肪酸(αリノレン酸)を約50%含有。αリノレン酸は体内に入ったときエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)に変化します。

天然の品質劣化防止剤でもあるビタミンEを豊富に含んでいるので、抗酸化性に優れています。

植物性の爽やかな風味で、あらゆる料理の味付けに活躍。

一方、化粧品用途として、スキンケア、ヘアケア商品などにも活用。

もとより、サチャインチオイルはアマゾンの先住民が強い日差しから肌や髪を守るため紀元前の時代から使用されてきた長い歴史があります。 

 

※まとめ※

オメガ3脂肪酸の恩恵として、子供は知力が発達し、大人は生活習慣病のリスクが下がり、高齢者であれば、認知症の予防。胎児でさえ胎盤を通して母親から供給させる養分に含まれるオメガ3脂肪酸の量によって成長に影響があるという。

昨今問題になっている、人間には必要な必須脂肪酸のオメガ6脂肪酸(コーン油、ごま油、マヨネーズなど一般的な植物油の主成分であるリノール酸や動物性の脂肪、牛肉や豚肉、乳製品の動物性脂肪とは別の形で含まれるアラキドン酸)過多の現代食摂り過ぎると結果的にアレルギー発症や、ガン促進のリスクが高まるが、オメガ3脂肪酸には逆にこれらを抑える働きがあるようです。

 

昨今は欧米型の食生活でオメガ3オメガ6の比率が1対10 あるいは人によって1対40にもなって、オメガ6を極端に摂り過ぎている傾向です。

オメガ3とオメガ6の比率(バランス)が大事!

オメガ3オメガ6の比率は1対21対4程度が適切な比率のバランスと言われています。

 

 

※下記参考資料(PDF)をご参照ください。

資料等はお問い合わせください。

 

2014062015491126210.jpg2014062015595026362.jpg

【参考資料】サチャインチナッツ.pdf (519KB)
【参考資料】サチャインチオイル.pdf (579KB)

   
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています